地域密着型の不動産会社といえばみのり開発がおすすめ

粘土の家

四季折々の風情が楽しめる

つみきの家

交通の便が抜群な街

皆さんはお茶の一大産地として知名度高い、宇治市を訪れた事はありますか。宇治市は古都、京都府の南部に位置し数多くの有名な神社仏閣をもつ、京都市の隣の街となります。宇治市にも歴史ある有名寺院としておなじみの平等院鳳凰堂が存在しており、数多くの観光客が訪れているにぎやかな街です。宇治市の不動産事情は、線路沿いを中心に多くの住宅が建てられているのが特徴となっています。その理由として市内にはJRや近鉄線、京阪線、地下鉄の4路線が乗り入れており、交通アクセスが抜群な事が挙げられます。宇治市の地価は近鉄線沿線に近いほど高くなっており、近鉄沿線が特に宅地として人気エリアになっている事が分かります。最新の公示地価は宇治市内全体の平均として、1平方メートルあたり12万円前後となっていて、最も高いエリアは六地蔵周辺です。分譲住宅の販売価格は、おおむね2000万円〜3000万円台が中心となっており、広い3LDK以上の不動産が良く売れています。また、賃貸住宅も数多く提供されており、およそ2500件程度が随時、入居募集されていて貸家やアパート、マンションを中心に提供されています。そのうち、シングル向けのワンルームや少し広い1LDKの間取りを持つ賃貸物件が約1100件程度と多く、家賃相場は平均で5万円前後となっています。市内には不動産サービス会社が多く点在していますので、複数の不動産会社を巡って、検討されると良いでしょう。