地域密着型の不動産会社といえばみのり開発がおすすめ

粘土の家

チェックしたい安心面

集合住宅

安心できる建物

中古マンションの購入の意思が固まると、担当者を通じ、買付証明書の提出が行われます。内容には、購入希望価格・契約と引渡しの希望日・残代金の決済方法やローン利用の有無などが挙げられます。購入資金の裏付けがこの時に重視されるのも特徴です。また杉並区では中古マンションの需要もあり、複数の申し込み物件も多く、購入する前には買主の資金内容の良し悪しもポイントになります。というのも、売主の判断も左右されるためで、自己資金や金融機関によるローンの内諾などは円滑な交渉に繋がります。もちろん、交渉は不動産会社を通じて行うのが原則ですが、売主側の納得によって売り渡し証明書が出されるケースもあるほどです。杉並区で中古マンションを購入したい場合、エリアはもちろん、広さや価格をチェックしますが、建物の性能面も必須です。第一に耐震性で、建設時期・地盤・メンテナンスの有無です。大震基準の改訂によって、最低でも2000年以降の物件を選ぶことが指摘されています。それ以前の中古マンションでも耐震診断、補強済みであれば安心です。また意外にも火災時の安全性となる避難のしやすさ、経路をチェックしないで購入するパターンも増えています。同じく、防犯性は杉並区でも重要視すべきで、後から手を加えられない道路や敷地の位置関係、周辺の様子なども細かくチェックした安全策を図ることは大事です。杉並区の町内会など、防犯意識が高い地域であるのか、安心できる材料としての取り組み方まで事前に確認が必要です。